内科医は病状のオールマイティ、

個人的にも若いころから県下では訪問診療ならここがよく病院通いをしていて、よく喉が痛かったり、発熱したり、所謂、風邪の表情の時には先ずは近所の医者の内科を訪ねます。 年配になって一度は軽い脳梗塞の症状を発作したときもやはり先ず大阪府下平野区で評判の透析病院を訪れ、其処で取敢えず検査をして其の検査結果で脳神経外科などへ回された時などが有りました。

此のように一般的には大阪府城東区の皮膚科・内科の病院でも医院でも内科といえばごく一般的な科目のようで、例えば、体の不調を訴えた場合、風邪ひいたかなとか胃ズキズキが痛いとか、頭が痛いとか、熱っぽいとか心臓がドキドキとか、多様な一般的症状から、更に各種検査から発見される内臓などの疾患部分まで、多種多様に及ぶようです。
又、チョッと広い意味ですと総合内科と言うのもあります。 この場合は、循環器、呼吸器、消化器、神経系統、心神系統などなど、体の内部疾患の関係は全てが包括される科目でもあるようです。

一概に内科とは、内部治療を施すには違いないが、余りに広範囲に亘るような気がします。 最近の医療は機関が示すように高度先端医療によって医療の細分化が進んでおり、更には専門性も非常に高くなっているとも言われます。
特に、高齢になってくると、大概は幾つかの病気を抱えており、それぞれの病気や病状、悩みに対し細分にわたって行われ、具体的にどのような治療をする必要があるかを見極める、これが内科としての大事な役割のような気もいたします。