病院の主治医の先生、毎回診察きっちりやって

先進の透析で評判の主治医の先生の診察に関しても、「あ、今日は忙しいんだな」ということはわかりますよ。まあ「主治医の先生」となっているぐらいですからね。それだけ長いお付き合いですし、「あー、なんか今日、先生調子悪い」だとか、「なんか機嫌悪い」といったような気持ちのこともなんとなく伝わりますね。付き合いが長くなってきますと。

けれど、兵庫県下の伊丹で人気の病院なら主治医の先生の診察ですからね。医者の仕事はきっちりやってほしいとは思うわけです。しかし主治医の先生としましても、「あ、これは処方箋を出せばいいな」という症状がわかるのでしょうか。大阪の府下の病院なら生野愛和病院と明らかに診察に手を抜いていることもありますからね。

確かに「処方箋をもらえればOK」というような受診だってありますよ。しかし診察はある程度しっかりとやってほしいとは思うわけです。時短で手短に薬だけ出すことに対して、待ち時間は比例していないと感じますから。大阪の血液クレンジングの事なら全てお任せですと主治医の先生の忙しさは伝わりますが、しかし診察は毎回きっちりやってほしいとは思ってしまいますね。