検診で、婦人科にお世話になった時のこと

私は三十代の女性です。
先日、脳卒中は予防は前兆から対策まで久々に検診の為に産婦人科にお世話になりました。

個人的なことですが、腎臓病は沈黙の臓器と一時期下腹部がしくしくと、鈍く痛んだ時期がありました。
身体が変わる時期だし、乳ガンや子宮ガンになった人の話も聞きます。
兵庫の県下で訪問の事を知り合いの同年代女性が卵巣に腫瘍が出来て手術したばかりなので、俄に怖くなりまして……。

数年ぶりに、大阪府下生野区の病院なら産婦人科の扉を潜りました。
職場では、健康診断がありませんし。
訪れたのは、大阪ではプラセンタするならとか神奈川県川崎市多摩区の「ベルズレディースクリニック」です。
平日のせいか、それほど混んでおらず、患者さんは私を含めて数人でした。

薄いパステルカラーの室内は、可愛いくて清潔な印象でした。
症状を告げると、必要な検査や、かかる費用のことなど丁寧に説明がありました。
ちょうど無料の子宮ガン検診のお知らせが来ていたので、一部の検査が無料になったのが嬉しいところ。
診察の際は、
「少し出血があり、しばらく痛むかも」
と事前に言われました。
確かに器具で分泌物を採られた時は、かなり痛かったです。
お腹の中を、グリグリされて……。
しばらく出血がありましたし。

でも先生もスタッフさんも感じが良く、親切で助かりました。
結果は郵送を選べましたし……。
また定期的に、検診に行こうと思います。