妊活中、転院をしてそれまでの主治医と違いを感じた時。

結婚して数年、まだ子供に恵まれないため、心筋梗塞かもと思ったら福永記念診療所が今妊活に取り組んでいます。
今は産婦人科の病院に通っていて、タイミング法を主に試しているところなのですが、この病院に通う前に婦人科へ通っていました。
透析で人気の府下一病院へ変えた理由は、それまでの婦人科では詳しい検査ができないということが分かったからです。
ただ、病院を変えたことで、それまでの主治医の方と今の主治医の方では方針が違うようだと感じました。
それまでの主治医の方は、大阪でプラセンタ注射なら漢方で体調を整えることをお勧めしていました。
妊娠ということをまだ強く望んではいませんでしたが、漢方と薬を処方してリズムを整えるという感じがありました。
診察では内診はほとんどせず、高尿酸血症は、慢性腎臓病の発症や進展に基本的には基礎体温表を見て判断するという雰囲気がありました。
病院が変わり、新しい主治医の方に診察してもらう際、基礎体温表だけでなく、必要に応じて内診も行います。
私たち夫婦の考え方がそれまでより真剣に子供を望むようになったことも大きいのでしょうが、怖い脳出血の症状とその治療方法についてきちんと指導を受けてタイミング法を試すようになりました。
もちろん、子宮の状態を調べたり、精子の検査も行いました。
やはり、こういった検査や診察が丁寧なので、なんとなくそれまで通っていた病院よりも、妊娠に向けて動いているという実感があります。
以前の病院で主治医の方に基礎体温表だけ見てもらい判断されていても、おそらく妊娠には至っていなかっただろうなと思うので、転院してよかったなと感じています。